先週末に行われたリーグアンで対戦したマルセイユとメス。

酒井宏樹と川島永嗣の日本人対決として注目された試合は、6-3でホームのマルセイユが勝利した。

酒井と川島の両選手は試合前のウォーミングアップから引き上げる際、スタッド・ヴェロドロームの選手用通路で仲良く談笑していたよう。

その後のあるシーンを、フランス『CANAL+』が紹介してくれている。

酒井と川島が別れた後、酒井に近付いたのはマルセイユMFフロリアン・トーヴァン。

"Hiro"と呼びかけると、こう続けた。

"Hiro, Twins? Twins"
「ヒロ、君は彼と双子だったの?」

川島と仲良く話す姿を見て、トーヴァンは酒井に「双子だったの?」と聞いたわけだ。

もちろんこれはジョークなのだろうが、やはり欧米の人から見ると東欧人を区別するのは難しいのかもしれない。