イングランド・プレミアリーグのウェストハム・ユナイテッドは7日、元フランス代表DFパトリス・エヴラと契約を結んだことを発表した。

期間は今年6月までの短期契約で、2014年夏にマンチェスター・ユナイテッドを退団して以来のイングランド復帰となる。

当時の指揮官デイヴィッド・モイーズとも再会するエヴラは、「僕の人生で一番速かったね。お互いが一緒に働くことを望んでいたから、契約を結ぶのはとても簡単だったよ!」と交渉が一気にまとまったことを明かした。

エヴラはマルセイユでプレーしていた昨年11月、サポーターに暴力行為を働いたことで契約解除され、以降、無所属の状態が続いていた。