アルゼンチン1部、ラヌース対アルセナル・サランディ戦が物議を醸している。

試合は1-2でアウェーのアルセナルがリードした状態で90分が経過。 その後、5分間のアディショナルタイム内でラヌースが同点に追いつくと、 アルセナルのマルティン・パレルモ監督が腕時計を指差しながらこれに抗議し、パレルモは退席処分となる。 

この間試合はストップしており、アンドレス・メルロス主審はアディショナルタイムを1分追加したと『Ole』では伝えている。 そして試合が再開されるとゴール前の大混戦からラヌースが逆転となる3点目を決める。

抗議の時間もあったことからこの時点でアディショナルタイムは9分になっており、逆転されたアルセナルの選手・関係者たちがメルロス主審に詰め寄る事態になった。 特にパレルモにとってはこの日がちょうど41歳の誕生日だったこともあってか、「ばかな」と怒り心頭だったよう。(もともとはAT5分代での同点弾だったのでそれ自体は正当なゴールとして認められるもののはずではあるが…)

『Ole』がスキャンダルと伝えたこの試合について、AFA(アルゼンチンサッカー協会)も動きをみせており、Twitter上で「アンドレス・メルロス審判を無期限的にサスペンデッドにした」と発表している。 

現在ラヌースはリーベルに次ぐリーグ2位につけており、今後の動向が注目される。