12月10日、『Africanfootball』は「イングランド・プレミアリーグのマンチェスター・シティは、ナイジェリアU-20代表FWケレチ・イヒーナチョ(イヘアナチョ)の英国労働許可証を申請した」と報じた。

ケレチ・イヒーナチョは1996年生まれの18歳。マンチェスター・シティの下部組織出身で、昨年行われたFIFA U-17ワールドカップでMVPに輝いたストライカー。今季開幕前のインターナショナル・チャンピオンズ・カップに出場し、得点も決めたことで大きく名を上げた。

ただプロ契約を結ぶためには必要になる労働許可証を所持していなかったため、夏からアメリカ・メジャーリーグサッカーのコロンバス・クルーにローン移籍していた。

現在でもまだナイジェリアのフル代表になっていない彼は労働許可証を得られるだけの条件を満たしていないものの、ジョン・オビ・ミケルのように特例として認められる可能性があるという。

コロンバスとの契約は1月1日付で満了となる。もしこれが成功裏に終われば、早くも冬からマンチェスター・シティの一員としてプレーする可能性もある。