今月最初の代表ウィークを迎え、各地でW杯予選、親善試合などが開催されているが、旧ユーゴのスロベニア代表は2016EURO予選でサンマリノ代表と対戦し、同国の最多得点差記録を更新する6-0で大勝した。

この試合で名古屋グランパスに所属する35歳、ミリヴォイェ・ノヴァコヴィッチが先発フル出場し、チーム3点目をアシスト。さらに4点目となるゴールを決めている。

3点目のアシストと、4点目のゴールシーン

こちらも4点目のゴールシーン

ノヴァコヴィッチはこれが代表29ゴール目。この数字はスロベニアの英雄、ズラトコ・ザホヴィッチの35点に次ぐ同国歴代2位の記録となっている。

グループEのスロベニアはこれで勝ち点を9に伸ばし、同15で首位のイングランドに次ぐ2位に付けている。

また、カナダ代表に招集された清水エスパルスのデヤン・ヤコヴィッチは、米国で開催されたグアテマラ代表との親善試合に先発フル出場し、1-0での完封勝利に貢献している。