5月1日、『Chronicle Live』は「ニューカッスル・ユナイテッドの元会長フレディ・シェパード氏は、GKティム・クルルの父親を訴えることを検討している」と報じた。

先日、オランダ代表GKティム・クルルが代理人をワッサーマン・メディアグループに変更したことが大きな話題になった。

これまで彼が契約していたのはトリプルSスポーツというマネージメント会社で、これは元ニューカッスル会長のフレディ・シェパード氏、そしてその息子のケネスらが経営しているものであった。

クルルは17歳でオランダを離れてイングランドに渡っているが、その際には彼の父親であるピーター・クルルがオランダ担当スカウトとしてトリプルSスポーツに雇われている。

トリプルSスポーツに所属している代理人ポール・ストレトフォードはメディアに声明を発表し、ピーター・クルル氏を約束違反で訴える可能性を示唆した。

ポール・ストレトフォード

「ティムが我々との契約を更新しなかったことに失望している。とりわけ、オランダからイングランドに初めてやってきたときから彼の世話をしてきたフレディ、そしてケネスにとっては残念なことだ。

彼がどのような未来を迎えるかを見ていこう。私は多くのことを言うことはできないが、我々は彼の父であるピーターに対して法的措置を取ることを検討している」