クリスティアン・ケラー

「僕がやることは、ラナスFCにとってベストになるものであり、もしそれが『自分はプレーしないほうがいい』ということなら、それは尊重する。

僕はここで長い間プレーしてきたし、クラブをリスペクトしている。そしてここで働いている人もね」

「(君とヨナス・ボリンとの関係は? 彼とは話した?)

いいや、僕は彼とは話していない。問題はクラブとの間にあるものだし、彼らが起こったことに対する決定を下さなければならないと思っている。

しかし、僕は我々のうちの一人がこのクラブを去ることになるような出来事に発展するようには思っていない。

チームを去るのが僕であるという兆候はなかった。とはいえ、それを決めるのは僕ではない。ラナスの人々がそうするんだ」

「(『間違ったことはしていない、ボリンを気の毒に思う』と言っていたよね?)

何があったのか、自分がどう考えているのか――僕はそれをチームの他の人々に話した。

僕はボリンやチームへの感情移入がないような、氷のように冷たい人物ではない。

僕には心があるんだ。そして、僕はその感情に突き動かされたんだ。我々が今の状況にあるのは、そういった理由からだ」