ガーナのメディアでは以前からハーツに給与の未払いが横行していること、八橋健一監督がホテル暮らしであることは報じられていたが、それをクラブが否定するという流れが続いていた。

八橋健一監督のコメントと、以前メディアが報じてハーツから否定された情報はほぼ一致する。クラブ側の発表がそれに矛盾している状態にあるといえる。

そして、この状況を追っているのが、ハーツ・オブ・オークの最大のライバルであるアサンテ・コトコであるという。この両チームはガーナの2大クラブという立場だ。

現在10位と苦戦しているアサンテ・コトコは、先日デイヴィッド・ダンカン監督に退任を求めたことを発表したが、その後復帰させるという奇妙な事件があった。

それには契約面の条件が影響していると言われているが、チームと監督の間の関係はかなり悪化していると考えられており、新たに選手を任せられるコーチを探しているという。