日産スタジアムで行われているクラブワールドカップ2016の準決勝。

レアル・マドリー対クラブ・アメリカの一戦には、Jリーグで活躍したあの助っ人外国人が見に来ていた!

その選手とは、柏レイソルや横浜FCでマジカルなプレーを披露したFWフランサだ。

フランサは横浜FCを退団した2011年に現役引退しており、現在も日本で生活をしている。

レアル・マドリー、クラブ・アメリカともに在籍した経験はないが、この大一番を観戦しに横浜までやってきたようだ。

なお、フランサはレヴァークーゼン時代の2004-05シーズン、UEFAチャンピオンズリーグのグループステージ第1節でマドリー相手にゴールをあげている。このゲームは3-0でレヴァークーゼンが勝利しており、ヤツェク・クシヌヴェクの強烈なミドルシュートも記憶に新しい。