今夏、アーセナルはリヨンからフランス人FWアレクサンドル・ラカゼットを獲得した。

ここでは、『Squawka』による「ラカゼットはアーセナルのどこにフィットするのか?:4つの案」を見てみよう。

ラカゼットはアーセナルのどこにフィットするのか

昨季の終盤に3-4-2-1システムを採用したアーセナル。過去5年間において、彼らがこれほどまでにダイナミックだったことはなかった。

このシステムによって、アレクシス・サンチェスとメスト・エジルは本当に解放された。前者には水平方向の自由が与えられ、飛び込むためのスペースも生まれた。そして、後者にはパスを出すためのランナーが多く与えられることになった。

もしダニー・ウェルベックをトップに置いた場合、チームはインテリジェンスな走り方を分かっている速い選手を持つことになる。だが、大きな欠点が1つある。フィニッシュ力が一貫していないということだ。

得点力で頼りにならないストライカーを置いておくことは決していいことではない。だが、ラカゼットならその問題を解決できる。

彼はウェルベック同様のスピードと動きを持ちながら、得点者としての嗅覚も兼備するストライカーだ。GKと1vs1になった際、彼ほどしっかりと得点を奪えるFWは多くない。

昨季のリーグアンでは72本のシュートを打ち、28ゴールを奪った。決定率は39%で、欧州のトップストライカーたちをはるかに上回るものだ。

アーセナルは有能な暗殺者・刺客を手に入れた。この男は全盛期のマイク・タイソン以上に多く打つ。ラカゼットを1トップに置く、流動的でダイナミックな3-4-2-1システムは恐るべきものになるだろう。

【次ページ】現実案