4. 湘南 → 浦和

流出した主な選手

・遠藤 航(2016年)
・菊池 大介(2017年)
・山田 直輝(2018年)

毎年のように主力選手を引き抜かれながらも、J2では昇格争いを演じ、J1でも他チームにも食らいついている印象のある湘南ベルマーレ。主力の放出先として多いのが浦和レッズだ。

2016年と2017年には菊池大介と遠藤航を連続で移籍し、さらに今年は期限付き移籍で3シーズンを過ごした山田直輝も手放すこととなった。

その一方で、浦和からは都築龍太(2010年)、坪井慶介(2015年)、梅崎司(2018年)といったベテラン選手を獲得している。