「ハゲてしまった部分を隠そうと試みていた。とても不満を感じていたんだよ。あんな若さで、髪の毛を失ってしまうことに。

ただ、それは意外なことではなかったんだ。なぜなら、うちの家族を考えれば、重度の脱毛があることは当然だったからね。

私はそれが起こることを予測していたよ。だけど、やっぱり髪の毛が欲しかったんだ…」

(毛根の移植手術を受け、今では頭頂部もフサフサだ)

「私は今自信を持っている。この頭一杯の頭髪に風を受けて歩けることにね。愛している。素晴らしいよ。驚異的だ。

準備が整うまで時間がかかった。妻には不満もあっただろう。

しかし今、私はこの髪をセットすることが出来る。ジェルで整えることもできる。

かつては不可能だったことが、出来るようになったんだ」