昇格年だった2017-18シーズンのブンデスリーガを13位で終えたハノーファー。

着々と補強を進めるクラブは今オフに原口元気、浅野拓磨の両日本人選手を獲得。既に背番号も10番(原口)、11番(浅野)が発表されている。

そんなハノーファーの2018-19シーズンに向けたユニフォームが2日、クラブとキットサプライヤーのJakoからリリースとなった。

Hannover 96 2018-19 Jako Home

ハノーファー96 2018-19 Jako ホーム ユニフォーム

新しいホームキットはお馴染みのディープレッド。シャツにはバイアス柄のシャドーストライプをあしらっている。首周りはラウンドネックを採用。

ハノーファー96 2018-19 Jako ホーム ユニフォーム

背面の首元にはクラブのモットー“NIEMALS ALLEIN”(一人じゃない)をプリント。

ハノーファー96 2018-19 Jako ホーム ユニフォーム

パンツはブラック、ソックスはホワイトを基調としている。ソックスの前面にはクラブロゴのグラフィック入り。もしかしたら、どちらも2017-18シーズンモデルを継続使用している可能性もある。

ハノーファー96 2018-19 Jako ホーム ユニフォーム

新シーズンからは背番号のフォント(タイポグラフィ)を一新。これまでと同様にクラブロゴを下部に入れるスタイルだが、フォントデザインは大幅に変わった。