岡崎慎司が所属するレスター・シティとadidasは1日、2018-19シーズンで着用するサードキットを発表した。

7月に発表となったグレーのアウェイに続くこのキット。一般的にはサードと呼ばれているが、クラブは“ホワイト・アウェイキット”と紹介している。

2018-19シーズンの新ユニフォーム情報はこちら!

Leicester City 2018-19 adidas Third

レスター・シティ 2018-19 adidas サード ユニフォーム

基調色のホワイトはレスターの定番カラーで、シャツはadidasの“Regista 18”がテンプレート。アヤックスやリヨンのキットと同じで、胸から上に特徴があるデザインだ。

レスター・シティ 2018-19 adidas サード ユニフォーム

テンプレートデザインだが、ホワイト/ブルーのカラーコンビネーションはレスターらしい仕上がりとなっている。スリーストライプスは脇部分に配置。

レスター・シティ 2018-19 adidas サード ユニフォーム

パンツ、ソックスともにホワイトを基調にブルーの差し色。ソックスにはブルーのストライプをあしらっている。

レスター・シティ 2018-19 adidas サード ユニフォーム

このサードキットは1日に行われたバレンシアとのプレシーズンマッチで初披露。試合は1-1の引分けに終わっている。

なおサードキットのリリースと同日に、クラブはベトナムのビールブランド「BIA SAIGON(ビア・サイゴン)」とのスポンサー契約締結を発表した。今季の各キットの左袖にロゴマークを掲出する。