『Sportskeeda』は、「バルセロナでスーパースターになれる若き選手たち4名」という記事を掲載した。

このところはトップチームに昇格する選手が少なくなっているが、バルセロナの下部組織は世界でも屈指のもの。

育成に長けているクラブにおいて、次なるスター選手となるべき4名の若き男たちとは?

アベル・ルイス

アデル・ルイス

バルセロナに所属しているFWアベル・ルイスは、U-17ワールドカップで6ゴールを決め、ブロンズブーツを獲得した。

スペインの決勝トーナメントの試合全てでゴールを決め、その数は4に達した。UEFAユースリーグでもチェルシーとの決勝を戦った。

12歳の時にバレンシアのユースから引き抜かれたルイスは、ダイレクトで決定力のあるフィニッシャーで、高さもある。

これまでバルセロナのユースが育ててきた選手とは違うタイプだ。技術の代わりに本能とハングリーさを備えている。ルイス・スアレスの後継者になれそうだ。