今季、ユヴェントスへと電撃移籍したクリスティアーノ・ロナウド。

彼の助言でポルトガルへの移籍を決めた選手がいたようだ。『O Jogo』が伝えている。

それによれば、ユヴェントスMFステーファノ・ストゥラーロのスポルティング・リスボン移籍がほぼ決まったという。

ユヴェントスMFステーファノ・ストゥラーロ

25歳の彼にはワトフォードなどイングランド方面からも関心が寄せられていた。

だが、代理人によれば「スポルティングとポルトガルサッカーについてのロナウドの言葉が決定的だった」とのことで、ロナウドの古巣でもあるスポルティング行きを選んだという。

ストゥラーロはすでに現地入りしているそうで、移籍は間近となっているようだ。