今シーズン、初のJ1で奮闘しているV・ファーレン長崎。

高田明社長のもと新スタジアム計画の推進など様々なことに取り組んでいる彼ら、そしてサプライヤーのHummelが、面白い企画を行っている。

それは、来る2019シーズンの新ユニフォームを、なんとサポーターやサッカーファンに投票で選んでもらうというのだ。

デザイン案はこの3つ!

V・ファーレン長崎 ヒュンメル 2019 新ユニフォーム デザイン案

それぞれ、「ステンドグラス」、「V」、「鳩」をテーマにしたデザイン。

V・ファーレン長崎 ヒュンメル 2019 新ユニフォーム デザイン案

祈りの教会のステンドグラスをモチーフにしたものは、前田悠佑が「今のJリーグにはないユニフォーム」とレコメンド。

V・ファーレン長崎 ヒュンメル 2019 新ユニフォーム デザイン案

チーム名のVを意味する4つの言葉をテーマにしたものは、鈴木武蔵いわく「V・ファーレンのVが大きく入ったインパクトのあるユニフォーム」だ。

V・ファーレン長崎 ヒュンメル 2019 新ユニフォーム デザイン案

平和の象徴である鳩を大きくデザインしたものは、ファンマが「平和の象徴の鳩が美しい」とコメント。どれも良い…。

応募は1人1回。9月6日(木)24時まで、V・ファーレン長崎の特設サイトで受け付けているという。

新ユニフォームの発表は12月中旬予定。なお、これらはあくまでデザイン案で最終デザインではないとのことだ。