9月になったことで欧州主要リーグでは移籍市場がクローズになった。

そんななか、新天地ですごいゴールを決めて“自己紹介”した選手がいると話題になっている。

スロベニア1部、オリンピヤ・リュブリャナ対ルダル戦で…。

驚愕のバイシクルシュートを決めたのは、オリンピヤ・リュブリャナFWジュシエ・ルペタ。

25歳の彼はコンゴ民主共和国にもルーツを持つポルトガル生まれのストライカーだ。

大柄なガチムチ系でパワフルながらスピードもあり、アスリートとして非常に優秀な選手でもある。

彼は先月末に移籍してきたばかりで、これが出場2試合目だった。これは期待値が高まりそうだ。