日本代表に選出された中島翔哉が所属する、ポルトガル1部のポルティモネンセ。昨季は昇格シーズンながら10位と健闘したが、今季はここまで17位と苦戦を強いられている。

そんな今季のユニフォームは、胸のスポンサーが変更になった点を除いては、Mizuno製のキットを昨季から継続使用となっている。

2018-19シーズンの新ユニフォーム情報はこちら!

Portimonense 2018-19 Mizuno Home

ポルティモネンセ 2018-19 Mizuno ユニフォーム

ホームキットは襟付きでブラック/ホワイトのストライプ。2016-17シーズンから継続して使用中だが、クラブは2014-15シーズンからMizunoとパートナーシップを結んでいる。これほど長くMizunoのキットを使い続ける欧州のクラブは、かなり珍しい。

ポルティモネンセ 2018-19 Mizuno ユニフォーム

昨季はマクドナルドのスポンサーロゴを付けていたが、今季は日本企業「株式会社セレモニー」とスポンサー契約を締結し、ロゴマークを掲出する。

埼玉を拠点とする同社は浦和レッズのオフィシャルパートナーだが、かつて浦和でプレーしたロブソン・ポンテ氏がポルティモネンセのテクニカルディレクターを務めていることが、スポンサー契約の理由の一つのようだ。

ポルティモネンセ 2018-19 Mizuno ユニフォーム

コンプリートルックはこのような感じで、パンツ、ソックスはともにブラックを基調とする。

ポルティモネンセ 2017-18 Mizuno ユニフォーム

こちらは昨季のユニフォーム。ホームと同じく2016-17シーズンから使用するオレンジのアウェイキットも、スポンサーロゴを変えて継続使用している。