今夏メキシコのパチューカを退団し、オーストラリア・Aリーグのメルボルン・ヴィクトリーに加入することになった元日本代表MF本田圭佑。

開幕が間近に迫ってきているなかで、彼は新たな挑戦の場として選んだオーストラリアのサッカーを以下のように評したという。

本田圭佑

「Aリーグは、Jリーグのように間違いなく毎年成長しているリーグだ。

Jリーグも誕生してからまだ25年しか経っていない。僕たちは多くの欧州リーグを模範としている…」

また、選手として今季のAリーグに向けた抱負も語っている。

本田圭佑

「僕は人々を落ち込ませることもあれば、みんなを幸福にさせることもある。

それが人生だと思う。僕にはマジックはないからね。ただ毎日全力を尽くすだけだ…」

そして、1月に行われるアジアカップについては以下のように話し、代表への復帰については笑顔で否定している。

オーストラリア・Aリーグはインターナショナルマッチウィーク空けの今週末に開幕を迎える。

本田圭佑が所属しているメルボルン・ヴィクトリーは、いきなり第1節で同じ街のライバルであるメルボルン・シティとのダービーマッチからスタートとなる。