アーセナルで将来を嘱望される逸材リース・ネルソン。18歳のアタッカーは今季ホッフェンハイムに貸し出されると、ブンデスの舞台でいきなりゴールも決めた。

そんな彼はU-21イングランド代表でも勢いを継続。アンドラ、スコットランドとのUEFA U-21欧州選手権予選で2試合連続ゴールをマークしたのだ。

特にスコットランド戦でのフリーキックは見事で、「代表ウィークの最高の締めくくり」として本人もSNSにアップしていたほど!

後ろから見るとこんなフォーム!

リース・ネルソン

『BBC』によれば、本人と監督はこう語っていたそう。

リース・ネルソン

「フリーキックが与えられた時、僕の目は輝いていたよ。見せ場だって分かっていた」

「幸運にもトップコーナーに行ってくれたね。なので、今はにっこりなのさ」

エイドリアン・ブースロイド(U-21代表監督)

「本当にいいスキルとフィニッシュをいくらか見せてくれた。重要なことだよ。

リースの素晴らしい点は、笑顔でプレーしてフットボールを楽しんでいることさ。

だから、彼と働くのは苦じゃないんだ」

この活躍を受けて、『talkSPORT』では「アーセナルファンたちはネルソンの復帰が待ちきれない」などと伝えていた。本人は1月にでも復帰したいという意思を見せているが、果たして…。