今夏のワールドカップに兄弟で参戦したベルギー代表のエデン・アザールとトルガン・アザール。彼らは4兄弟で、全員がサッカーをプレーしている。

弟トルガンは兄エデンと同じくチェルシーに在籍していたが、レンタルを経てボルシアMGへと完全移籍。

その彼が『Sport1.de』のインタビューで様々な話題について語った。そこでは兄エデンとの話も…。

エデンとトルガンのアザール兄弟
トルガン・アザール

「僕は兄とは異なるタイプの選手だ。エデンは世界最高の選手のひとりだよ。

自分がチェルシーに入った時、他の若手たちと同じようにまずはローンに出されるのは明白だったね。

なので、僕はベルギーに2年間ほど行って、そこでいい仕事をした。

ブルーズでプレーしていた時の自分は若すぎたし、飛躍への準備ができていなかったんだ。

チェルシーは傑出した選手が揃うビッグクラブだ。僕にとって違うチームでプレーするという決断はよかった」