水戸ホーリーホックとキットサプライヤーのGAViCは4日、早くも2019シーズンのユニフォームを発表した。

NEWモデルのテーマは「かさね檜垣」と「コンクリート」。2018シーズンモデルと同様に、GAViCは独自性の強いデザインを投入している。

なお、各キットのスポンサーマークは現時点でのものとなり、変更の可能性もあるという。

2018シーズンの明治安田生命J2リーグは残り2試合。条件付きで2019年のJ1ライセンスを交付された水戸は、現在10位につけているが、来季のJ1昇格の可能性は既に消滅している。

Mito HollyHock 2019 GAViC Home

水戸ホーリーホック 2019 GAViC ユニフォーム

2019年のホームキットは2018年モデルと同様に、日本の伝統模様である和柄の檜垣(ヒガキ)柄を二重に重ねた「かさね檜垣」を継続して採用。この柄でクラブの積み重なる歴史を表現している。

各キット共通で右袖には、2018年モデルと同様にホームタウン名の入ったパッチを装着する。

水戸ホーリーホック 2019 GAViC ユニフォーム

近年は「和の雰囲気」にこだわりを見せる水戸のユニフォーム。ナンバーとネームのフォントも2018年モデルと同様に、毛筆に近い表現の独特なデザインで継続する。

水戸ホーリーホック 2019 GAViC ユニフォーム

キットデザインのコンセプトである檜垣柄は、実は身近な模様。日本古来の伝統的な和柄で、着物をはじめ様々な物(あるいは場所)で目にすることが多い。

水戸ホーリーホック 2019 GAViC ユニフォーム

水戸のエンブレムと言えば、水戸藩の家紋「三つ葉葵」を取り囲む竜のデザイン。その周囲には「かさね檜垣」の透かしプリントを確認できる。