2018年も終わりに近づいており、そろそろ欧州サッカー界は冬の移籍マーケットに向けての準備を進めていることだろう。

今回は「2018年に最も価値を上げた守備的ミッドフィルダー」を特集してみよう。攻撃的なポジションも得意な選手についてはセンターハーフに分類されているようなので、その点は注意してほしい。

データは『Transfermarkt』のもので、増加した額が多い選手のTOP10を集計してみた。

10位:ジャン=フィリップ・ジバマン(マインツ)

  • 今年1月の価値:800万ユーロ(10.3億円)
  • 現在の価値:2500万ユーロ(32.1億円)
  • 増加した額:1700万ユーロ(21.9億円)
ジャン=フィリップ・ジバマン

育成の名門ランスが生んだオールラウンドなMF。2016年にマインツへと移籍し、コンスタントに活躍を続けて徐々にブレイクしてきた。本来守備的MFというよりもう少し前のポジションが得意だと思うのだが…。

9位:スタニスラフ・ロボツカ(セルタ)

  • 今年1月の価値:750万ユーロ(9.6億円)
  • 現在の価値:2500万ユーロ(32.1億円)
  • 増加した額:1750万ユーロ(22.5億円)
スタニスラフ・ロボツカ

スロバキア代表の23歳。昨年夏にノアシェランからセルタに加入して残留に貢献、今急激に評価を高めている選手だ。トッテナムやアーセナルも欲しがっているとか。