『Het Nieuwsblad』は28日、「アンデルレヒトとシャルルロワは、日本代表MF森岡亮太の移籍について話し合う」と報じた。

今季ベルギー1部のアンデルレヒトでプレーしている森岡亮太であるが、前半戦ではわずか6試合での出場に終わり、戦力として扱われていない状況にある。

森岡は今冬のマーケットで退団が噂されていたが、中国や中東のチームに行くことは拒否しているため、それほど多くの選択肢がないと報じられていた。

そして今回伝えられたところによれば、シャルルロワは森岡亮太の獲得に向けて「半年間のローン+100万ユーロ(およそ1.3億円)の購入オプション」という条件を提示しているとのこと。

ただ、アンデルレヒトはベフェレンから森岡亮太を獲得した際に300万ユーロ(およそ3.9億円)を支払っていることから、その額は低すぎると感じている様子だ。

森岡亮太自身はシャルルロワへの移籍を前向きに考えているとのことだが…。