岡崎慎司とともに2015-16シーズンのプレミアリーグ制覇に貢献したレスターの元オーストリア代表DFクリスティアン・フックス。

自身の衣料品ブランドを立ち上げるなど、サッカー以外にも活動の場を広げている。

自らのeスポーツチーム『NoFuchsGiven』も所有しており、女子プロ選手もいるという同チームはFIFA eClub World Cup 2019にも出場した。

そのフックスが『FIFA.com』でeスポーツについて語った。そこではこんな発言も。

クリスティアン・フックス(レスターDF)

「ある日、息子が『Twitch』で何かを見ているのを目にしたんだ。それで、興味を持ち始めた」

「ゲームを見ている時、自分の選手以上に僕がナーバスになっているかもね。

自分が週末に8時間も『Twitch』を見ることになるとは思いもしなかったよ」

『Twitch』はゲームのライブストリーミングサイトだ。

【関連記事】ネイマールも!「FPSやTPS」にハマった大物サッカー選手たち

なんでも、『NoFuchsGiven』はインド、シンガポール、イングランド、デンマーク人が所属する国際色豊かなチームだそう。32歳のフックスは今季でレスターを退団する見込み。