『Telegraph』は24日、「チェルシーはFWカラム・ハドソン=オドイとの契約を延長する予定だ」と報じた。

先日行われたバーンリーとの試合で脚を負傷してしまった「CHO」こと18歳のハドソン=オドイ。

24試合で5得点を決めてきたヤングスターは、これによってアキレス腱を断裂してしまい、手術を受けることを余儀なくされた。

カラム・ハドソン=オドイ

復帰まではおよそ6ヶ月を要すると考えられており、今季はもちろん絶望。早くてもプレーできるのは来季の半ばになる。

1月のマーケットではバイエルン・ミュンヘンにも狙われていたという彼であるが、今シーズンの結末は非常に厳しいものになってしまった。

しかし、チェルシーはそのような状況で彼に新しい契約を手渡すつもりであるそうだ。

ハドソン=オドイの契約は2020年6月30日までとなっており、それが他のクラブに狙われる要因にもなっていた。

【関連記事】世界の代表チームに初招集された5人の宝石

今夏補強禁止処分のために選手の獲得が不可能なこともあってか、チェルシーはその彼の契約を延長するための交渉を行う予定だそう。