UEFAチャンピオンズリーグでは無念の敗退となったPSGだが、リーグアンでは圧倒的な強さで連覇を達成した。

32ゴールを叩き出したPSGキリアン・エムバペはこのほど行われた年間アワードでリーグMVPに選出。

『France Football』によれば、将来についてはこう述べたとのこと。

キリアン・エムバペ

「自分がより責任を負うべき時が来たのかもしれないと感じている。

それがPSGであればいいし、そうなれば喜びさ。

もしくは、他の場所での新しいプロジェクトかもしれない」

「自分にとって言うべき時だと思った。何かを言う時は(実際に?)そう思っているから」

「言ったように…それがPSGであればなおいいし、喜びさ。

それが他の場所なら、新しいチャレンジになるだろうね」

【関連記事】 「サッカー界でヤバい最強の爆速スターTOP10」

この発言によって一部では退団説も流れているが果たして…。