バイエルン・ミュンヘンは、「元ドイツ代表DFマッツ・フメルスがボルシア・ドルトムントへ移籍する」と公式発表した。

プレスリリースによれば両クラブではすでに交渉が合意に達しており、あとはメディカルチェックを残すのみだとのこと。

取引の条件については公表されていないが、メディアでは移籍金3800万ユーロ(およそ46.2億円)と伝えられている。契約は2022年6月30日までになるとのこと。

【関連記事】クリスマスを一緒に過ごしたい!サッカー界のイケメンたち

マッツ・フメルスは2008~2016年にドルトムントでプレーし、移籍金3500万ユーロ(およそ42.5億円)でバイエルンに加入。それから3シーズン所属したが、今季は怪我などもあって21試合の出場に留まっていた。