『Talksport』は13日、「バイエルン・ミュンヘンのFWセルジュ・ニャブリは、ヴィーガンであると明かしていた」と報じた。

アーセナルでプロデビューを果たしたあと、WBAへのローンを経てヴェルダー・ブレーメンへと移籍したニャブリ。2017年にはバイエルン・ミュンヘンに加入し、今季は30試合に出場して10ゴールを決めた。

ついにブレイクを果たした23歳のニャブリは、今年1月からヴィーガン(完全菜食主義者)になったと明かしていたそう。

セルジュ・ニャブリ

「今、僕はヴィーガンであることを楽しんでいるよ。どんどんいい感じになっている。

僕は友人たちと対話して、ドキュメンタリーを見て、これに挑戦したいと思ったんだ。

これから最後の瞬間までそうであるかはわからないけどね。ドイツ代表やバイエルン・ミュンヘンのシェフも知っているよ」

これが3月のコメントだったが、今回ニャブリは『Bild』に対して以下のように話したそうだ。

「1月から僕はヴィーガンだ。しかし、時には肉とか、その他のものも食べる。それが再びヴィーガンをやり遂げることに繋がるかもしれない」

【関連記事】“肉弾”のプレミアリーグで活躍する4名のヴィーガン

どういうことなのかはよくわからないが、ニャブリは時々肉を食べるヴィーガンなのだそうだ。このバランス感覚がパフォーマンスの向上につながったのかもしれない。