PSGからの退団が噂されているブラジル代表FWネイマール。

母国でのイベントのためにプレシーズン参加が遅れた件を巡っても、クラブ側と主張が対立している。

そうした中、驚きの発言をしたと、『France Football』などが伝えている。

ロッカールームでの自分史上最高の思い出は?と聞かれると、「バルセロナ時代のPSG戦」と答えたというのだ。

ネイマールが言及したのは、2016-17シーズンのUEFAチャンピオンズリーグ・ラウンド16。

1stレグを0-4で落としていたバルサだったが、2ndレグに6-1で勝利して歴史的大逆転を成し遂げた。

ネイマールは「僕らが6点目を決めた時の感情は信じられないものだった」、「(試合後の)ロッカールームは全員が狂喜していた。皆にとって最高の思い出だと思う」とも述べていたそう。

素直な返答であるはずだが、このタイミングでの発言だけに、色々と詮索されているようだ。