英プレミアリーグのリヴァプールとキットサプライヤーのNew Balanceは20日、2019-20シーズンに向けたサードユニフォームを発表した。

今回は15-16シーズン以来となるダークカラーを採用。前面には細かな模様のグラフィックをあしらっているが、これはリヴァプールの街の“ストリートサイン”へのオマージュだという。

Liverpool 2019-20 New Balance Third

リヴァプール 2019-20 New Balance ユニフォーム

サードキットとしては久しぶりのダークカラー。今回採用となったブラックだが、クラブとメーカーの説明によれば正式な色名称は“Phantom Black(ファントムブラック)”とのこと。細かな模様のグラフィックとグリーンの差し色が印象的だが、これについては次ページに詳細を記す。

リヴァプール 2019-20 New Balance ユニフォーム

“ヒルズボロの悲劇”の犠牲者を悼み、各ユニフォーム共通で背面の首元にはエターナルフレームと「96(“ヒルズボロの悲劇”の犠牲者数)」を配する。

リヴァプール 2019-20 New Balance ユニフォーム

パンツはブラックを基調にグリーンの差し色。ソックスはグリーンとブラックのカラーコンビネーションで、前面には“L.F.C.”の文字が入る。