今夏レアル・マドリーと契約を結んだ久保建英。

当面はリザーブに当たるカスティージャでのプレーとなる見込みだが、先月からのプレシーズンマッチではトップチームに帯同し、短い出場時間ながら存在感を示している。

ただ、本日行われるレッドブル・ザルツブルクとの親善試合には出場しないことが決まった。

こちらは7日に発表された遠征メンバー20名のリスト。

クラブによるとこれが11年ぶりのオーストリア訪問となるが、エデン・アザール、ヴィニシウス・ジュニオールらが名を連ねた一方、若手の久保、ロドリゴ、マリアーノらは含まれなかった。

(アトレティコ戦で強烈なシュートを放つ久保。出場した試合では見せ場を作っていたが…)

また、主力のルカ・モドリッチや去就が注目されるギャレス・ベイル、ハメス・ロドリゲスらも外れている。

ザルツブルクには南野拓実、奥川雅也が所属しており、久保との“日本人対決”も期待されたが残念ながら実現とはならず。試合は日本時間8日午前2時にキックオフされる。