イタリア1部のパルマとキットサプライヤーのErreaは7月、2019-20シーズンに向けたホームユニフォームを発表した。

18-19シーズンは4季ぶりにセリエAを戦い、14位で終えて残留に成功。今季も黒十字のユニフォームで身を包み、2季連続の1部残留を目指す。

Parma Calcio 2018-19 Erreà Home

NEWホームキットは、昨季同様にクロチャーティ(十字軍)をモチーフにしたデザイン。この“白地に黒十字”は、今や完全にホームのデザインとして定着した。胸のスポンサーは消炎鎮痛剤のブランド「Cetilar」で継続する。

背面首元には“不死鳥”フェニックスのロゴマークをあしらう。2014-15シーズン終了後、破産を理由に消滅したクラブは新体制でセリエDから再出発し、4年でついにセリエAに復帰。フェニックスはそんなクラブの象徴といえる。

パンツとソックスはともにブラックを基調としたデザイン。ソックスの前面にはチームエンブレムのグラフィックが入る。

パルマは24日にユヴェントスとのホームゲームで、19-20シーズンのセリエA開幕戦を迎える。