15日にローン先の横浜F・マリノスとの契約が解除された三好康児。今後は川崎フロンターレから欧州への移籍を求めて動くとのことで、ベルギー1部のロイヤル・アントワープが濃厚だとされる。

三好康児が国際的にその名を高めたのは間違いなく、今夏行われたコパ・アメリカでのプレーだろう。

初めてA代表のユニフォームに袖を通した三好は、グループステージ第2節のウルグアイ戦でデビューを果たすと、いきなり2ゴールを決める活躍を見せた。

柴崎岳のロングボールからスペースに抜け出し、足を痛めていたディエゴ・ラクサルトを外してゴールに突き刺す(動画10秒~)。

さらに追いつかれてからの53分、杉岡大暉のクロスに岡崎慎司が飛び込み、キーパーが弾いたところをゴールに押し込む(動画1分22秒~)。

残念ながら勝利には繋がらなかったものの、これによって三好は世界で戦うことができると自信を深めたはずだ。