今季序盤は歴史的な低調ぶりを記録してしまったバルセロナ。

UEFAチャンピオンズリーグでも初戦はスコアレスドローだっただけに、インテルとの第2戦では勝利が求められる。

チームには多くの離脱者がいるが、リオネル・メッシとウスマヌ・デンベレは練習に復帰した。

怪我だけでなく規律面も問題視されているデンベレだが、アントワーヌ・グリーズマンによれば、態度をあらためたようだ。『Tiempo de Juego』によれば、こう述べたという。

アントワーヌ・グリーズマン(バルセロナFW)

「彼は体(脚)を強化するために練習の前にやってきているよ。

怪我の型に入ってしまうと、そこから抜け出すのは難しい。

でも、僕らは彼を助けるためにここにいる」

全体練習が始まる前に個人トレーニングに勤しんでいるとか。遅刻癖があるデンベレだが、今度こそ改心したのだろうか。