日曜日に行われたニューカッスル・ユナイテッドとの試合で0-1と敗れ、早くもプレミアリーグで3回目の黒星を喫したマンチェスター・ユナイテッド。

72分に19歳のマティ・ロングスタッフにミドルシュートを決められ、そのまま沈黙。6試合でわずか3得点という不調に喘いでいる。

チームを率いるスールシャール監督は以下のように話し、選手の考え方を整理したいと語っていた。

オレ・グンナー・スールシャール

「それは私の責任だ。彼らの頭を整理する必要がある。若い選手は自信を失っている。彼らは助けを必要としている。経験ある選手やコーチからのね」

しかし、それに対してOBでもあるロビン・ファンペルシーは『Optus Sport』に対して以下のように話し、スールシャール監督の問題解決力に疑問を呈した。

ロビン・ファンペルシー

「苦しんでいるところが見て取れる。正直に言えばね。彼は言葉を探している。おそらくそこで間違った言葉を選んだ。

選手の頭を整理するというのはどういう意味なのか。選手が聞いたら、『僕の頭は大丈夫だ』と思うだろう。

自信を失っているならば、それを高める方法が必要だ。自信が大きすぎるならば、そのバランスを取ってやらなければならない。

このインタビューを聞く限り、試合で見たものに基づく限りは、スールシャール監督が解決策を見出す方法を知っているかどうかわからないね」

選手の立場から聞くと、スールシャール監督の言葉の意図が今ひとつわかりにくいと考えているようだ。