昨年、20年ぶりにワールドカップで優勝を収めたフランス代表。

今回の代表から離脱したキリアン・エムバペに代わって招集されたのは、ボルシアMGのFWアラサヌ・プレアだった。レアル・マドリーで結果を出し続けているカリム・ベンゼマはいまだ構想外のまま。

そうした中、デシャン監督が彼について言及したようだ。『TF1』のドキュメンタリー内でこう述べたという。

ディディエ・デシャン(フランス代表監督)

「これはスポーツ的な決定だ。

彼の招集は代表チームにとってよくないだろうと思う。

私はフランス代表とこのユニフォームが表すものに最善であろうことに基づいて考慮している」

デシャンが指揮官を務めている限り、ベンゼマの代表復帰はないのかもしれない。