2016年にリヴァプールから1500万ポンド(およそ21.8億円)でボーンマスへと完全移籍したFWジョーダン・アイブ。

5年前にクラブ公式Youtubeで独占インタビューが配信されるなど、ユルゲン・クロップ監督もかなり高く評価していた若手ドリブラーであったが…ボーンマスへと移籍して以来ほとんど活躍を見せられておらず、週3万8000ポンド(およそ550万円)という高給を受け取っていることを批判されている。

『The SUN』によれば、アイブは今年7月30日の午前4時頃、ロンドン南東部のブロムリーという街にあるカフェの食料貯蔵庫に突っ込むという自動車事故を起こしていたという。

プレミアリーグ開幕数日前に起こったこの事故は、幸いにして負傷者を出すことはなかったものの、食料貯蔵庫を所有しているオーナーはこれによって1万5000ポンド(およそ220万円)の損害を被ったと主張した。

さらに、この事故が起こったあとでアイブは現場にとどまらず走り去ったということで、今回の起訴に至ったようだ。

なお、アイブの裁判は11月27日にスタートするとのことで、ブロムリー治安判事裁判所に出頭する予定となっているそう。