韓国代表FWソン・フンミンはチェルシー戦で一発レッドカードにより退場になった。そのシーンがこれだ。

アントニオ・リュディガーを蹴る上げるような行為…。

『Guardian』によれば、ジョセ・モウリーニョ監督は、トッテナムがソンのレッドカードの撤回を求める控訴をしたことを認めたとのこと。

ジョゼ・モウリーニョ

「ソンが5回も罰せられないことを願う。

ひとつ目はリュディガーからのファウル。2つ目は退場。3つ目はブライトン戦、4つ目はノリッジ戦、5つ目はサウサンプトン戦でプレーできないことだ。

彼が罰せられるのは2回で十分だと思う。3~5つ目はふさわしくない」

モウリーニョは間違ったジャッジだったと断言したうえで、“不当”と戦わなければならないとも口にしていたという。もし退場が撤回されなければ、ソンは3試合の出場停止になる見込み。

なお、エヴァートン戦での退場については撤回され、出場停止は受けなかった。