スペインの4部リーグに当たるテルセーラ・ティビシオンでかなり珍しいゴールが決まったと話題になっている。

試合はRSDアルカラ対ラージョ・バジェカーノB。スコアは3-2で終了しているが、その60分に決まったゴールがすごかった。

アルカラのDFダニが自陣でのリスタートから、直接ゴールを狙う(動画34秒~)!

向かって右から太陽の光が差していることもあり、前に出ていたGKが対応できず、ボールはそのままゴールの中へ…。

およそ65~70メートルの距離があったものの、これがアルカラの2点目に。

その後87分にラージョBが同点ゴールを決めたが、アルカラが最後に追加点を叩き込んで3-2。地元で勝利を奪っている。