ついに再開されたラ・リーガ。

久保建英とリオネル・メッシが激突したマジョルカ対バルセロナ戦も無観客での開催だったが、後半途中に驚きの出来事があった。

マジョルカのソン・モイシュに一人の男が乱入し、試合が一時中断される事態となったのだ。その仰天シーンがこれ。

無観客なのに一体どういうことなのか…。バルサMFフレンキー・デヨングは思わず笑ってしまっていたが(動画35秒~)。

現地紙によれば、アルゼンチン代表の10番ユニフォームを着ていた男はメッシと写真を撮ろうしていたとか。警備員によって男はピッチ上から連れ出されたが、これでは感染防止を含めて無観客にしている意味がない…。

【関連記事】人気ミュージシャンが着た「サッカーユニフォーム姿」まとめ

その後、再開された試合は0-4でバルセロナが大勝している。

6/15(月) 2時30分~ 生中継!レアル・マドリー対エイバル