新型コロナウイルスの影響により、世界各国のサッカーリーグがこの数ヶ月中断・延期に追い込まれていた。

しかしこのところは様々な場所で試合が再開されている。それに当たって新型コロナウイルスへの対策もいろいろと行なわれている。

その一つが選手やスタッフに対する頻繁なPCR検査。メキシコリーグのクラブ・アメリカも、所属している者全員に検査を受けさせたようだ。

その模様をSNSに投稿したのがメキシコ代表GKギジェルモ・オチョアだ。鼻と喉に綿棒を差し込まれ…。

終わった後、憔悴しきった表情で倒れるオチョア…。

【関連記事】GKなのに「おもしろ背番号」だった守護神たちとその理由

あの闘争心溢れるショットストッパーがここまでエネルギーを消耗してしまうとは…担当の女性、よほど乱暴だったのだろうか。