マジョルカでプレーする日本代表MF久保建英。

この日の練習ではあるチームメイトと何やら話し込むシーンがあった(以下動画15秒~)。

結構長い…。 

久保と話していたのは、コンゴ民主共和国にもルーツを持つフランス人アタッカーのヤニス・サリビュル。29歳の彼は久保と同じく右サイドを主戦場にする左利きのドリブラーだ。

動画1分41秒~からの場面ではビセンテ・モレーノ監督も現れ、久保に何かを伝えていた。

【関連記事】「悪魔的な左足」を持った10人のレフティーモンスター

残り4試合で1部残留を目指すマジョルカ。モレーノ監督は「(全勝して)勝点12をとらなければいけないのが現実だ。木曜日の試合は勝たなくてはいけない。もし勝てば、いくらか光が見える」と語っており、日本時間10日に行われるレバンテ戦での必勝を期していた。