新型コロナウイルスの影響で2019-20シーズンを打ち切ったエールディビジ。

9月12日の新シーズン開幕に向けて各チームはプレシーズンを戦っている。

そうしたなか、AZの菅原由勢がリールとの練習試合でものすごいゴールを決めた。その衝撃シーンがこれ(以下動画3分~)。

まさかの距離からシュートを突き刺す!

ショートコーナーからフリーでボールを受けた菅原は狙いすましたコントロールショットを叩き込んでみせた。海外のサッカーサイトでも「Great Goal」として取り上げられていたぞ。

【関連記事】日本人も!「フローニンゲンから羽ばたいたベストイレブン」

後半途中から出場した菅原は投入から10分あまりでこのスーパーゴールを決めている。

2-1で勝利した試合後、自分でも信じられないゴールだったと述べた菅原。「ゴールを決めるのはいつでも嬉しいけれど大事なのはチームが勝つこと。ゴールは神様からの贈り物さ」としつつ、パスを出す味方がいなかったので、シュートを撃ったとも明かしている。