ベルギー1部リーグ第6節、シャルルロワ対ベールスホット戦に森岡亮太と鈴木武蔵が先発出場した。

森岡は先制ゴールをアシスト、鈴木はベルギー初ゴールをマーク。そのシーンを映像で見てみよう。

2人が笑顔で握手するシーンは以下動画8秒~、森岡のアシストは以下動画1分15秒、鈴木初のゴールは5分5秒~。

森岡は見事なタッチのアシストかと思いきや、よく見ると相手の足に当たっていた。そして、鈴木の初ゴールはファーに曲げて流し込む見事な一発だ。

【関連記事】ビッグクラブ移籍を「結果」で勝ち取った9名の日本人

試合はシャルルロワが3-1で勝利。相手と接触した森岡は後半17分で交代、鈴木はフル出場している。

『Sporza』では、森岡を“アーキテクト(建築家)”と賞賛、鈴木についても「ナイスゴールだった。だが、ベールスホットとしてはあまりに遅すぎた」と伝えていた。

日本人選手を見るならDAZN!1ヶ月無料登録はこちら