2017年に加入したPSGでエースに君臨しているキリアン・エムバペ。今季の残留は明言しているが、パリとの契約は2022年6月末までになっている。

『L'Équipe』がその去就をめぐる話を伝えた。

それによれば、2021年夏にPSG、レアル・マドリー、リヴァプールの三つ巴の戦いが起きうるという。

現時点でエムバペに契約更新の気配はない。その決断を下さなかった場合、来夏にはレアルとリヴァプールが獲得に乗り出す可能性があるようだ。両チームはエムバペ側と定期的に接触しているとも。

そのエムバペはCLレアル戦でこんなゴールを奪っている(以下動画1分19秒~)。

ほぼオウンゴールだったが…。

【関連記事】レアル・マドリーがガチで狙って「逃した」9名のスター、そしてその代役

エムバペがレアルを意中のクラブにしているのは公然の秘密だが、リヴァプールも獲得を諦めていないようだ。