7シーズンに渡ってプレーしたPSGを退団したエディンソン・カバーニ。クラブ史上最多得点となる200ゴールを置き土産にマンチェスター・ユナイテッドへと移籍した。

来週のUEFAチャンピオンズリーグでは、そのPSGとユナイテッドがいきなり激突する。

『ESPN』によれば、カバーニは元同僚ネイマールとの関係についてこう述べたという。

エディンソン・カバーニ

「彼はいい人間だよ。

皆が知っているけれど、僕らに問題があったのはリヨン戦だけだ。

ロッカールームで討論になったけれど、そこで終わった。

チームの全員と友達になったり、ファミリーになる必要はない。

大事なのはピッチ上で結束すること、お互いを守ること、他者のために走ることだ。

全員でディナーに行く必要もない。欠かしてはならないのは、チームメイトへのリスペクトと努力だ。

ネイマールと僕があまり一緒にいなかったのは事実さ。

でも、それによって悪い関係になったり、お互いへのリスペクトを欠くことにはならなかった」

ピッチ上でチームのために常に全力を尽くすカバーニの言葉だけに説得力がある。

一方、代表戦での“ころがり”を相手から批判されたネイマール。PSGでは18歳の相手選手から喉を締められる衝撃シーンもあった。

海外でも「柔道か」と突っ込まれたほどだった。

PSG対ユナイテッド戦は日本時間21日に行われる。