現在ユヴェントスでプレーしているポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、自身のブランドのホテルを新たに建築するという。

建設される場所は、かつて彼が所属していたマンチェスター・ユナイテッドの本拠地オールド・トラッフォードからおよそ2km離れたノーザンクオーター地区。

クリスティアーノ・ロナウドはポルトガルのレジャーサービス企業ペスタナ・グループと協力し、このような4つ星ホテルの建築を行うとのこと。

デザインはフェイデン・クレッグ・ブラッドリー・スタジオ。11階建ての建物のなかには150以上の客室、ラウンジバー、テラス付きの屋上が用意されるとのこと。

この建築プランが今回自治体に承認され、2023年のオープンを目指してこれから作業をスタートさせる予定であるとのこと。

なお、ペスタナ・グループ&クリスティアーノ・ロナウドのブランドホテルはこれまでマデイラ諸島のフンシャル、リスボンにオープンしている。

さらに現在ニューヨーク、マドリッド、マラケシュ、そしてパリで計画が進められている。新型コロナウイルスの影響でいくつかのプランが保留にされているというが、中止にはなっていないようだ。

マンチェスターにはライアン・ギグスとギャリー・ネヴィルが共同で経営する「ホテル・フットボール」が存在するため、その直接の競合店になりそうだ。