五輪イヤーの活動をスタートさせたU-24日本代表はアルゼンチンと2連戦で1勝1敗という結果を残した。

久保建英は海外勢相手にもさすがのプレーを見せたが、三笘薫はJリーグで無双しているようなパフォーマンスは出せず。

DAZNで配信されている『FOOTBALL TIME』に内田篤人と佐藤寿人はその点についてこう語っていた。

佐藤寿人

「特に第1戦なんかはJリーグでほとんど止められることがない三笘選手があれだけボールを奪われる。

でも逆にああいうのを見て、彼がこの後またどう進化していくのかっていうのは楽しみ。

久保選手は本当にボールをとられることが少ないですし、仕掛けたらほぼほぼ(相手を)外していた」

内田篤人

「慣れだと思うんですよね、ここら辺は。

久保くんは外人慣れしてるんで。南米だろうが、ヨーロッパだろうが、来たら、こんな感じねでスパパンって。

三笘くんはもうちょっとこう…違うから、海外の外人とやるのとJリーグは。

どっちが上とかっていうレベルじゃなくて、違うのよ、質が」

佐藤も内田も久保のプレーを評価していた。

【動画】南米だろうが関係ねぇ!久保建英、アルゼンチン戦での圧巻テク

そのうえで、内田は三笘については単純に海外勢相手に慣れていないだけと見ているようだ。

冨安!ロナウド!プレミア観るならDAZN、1ヶ月無料登録はこちら